2010年01月22日

自民・青木氏が5選目指し出馬正式表明「議席守り抜く」(産経新聞)

 自民党の青木幹雄前参院議員会長(75)は18日、松江市内で記者会見し「自分が先頭に立って議席を守り抜く」と述べ、夏の参院選島根選挙区から5選を目指し出馬することを正式表明した。党内で世代交代論が強まる中、他のベテランの公認問題に影響を与えそうだ。

 記者会見に先立ち、党島根県連は同市で選挙対策委員会を開き、全会一致で青木氏の擁立を決定した。近く党本部に青木氏の公認を申請する。谷垣禎一総裁ら党執行部は青木氏と県連の意向を尊重し、24日の党大会までに公認決定する見通しだ。

【関連記事】
自民・青木氏、参院選へ「私も努力したい」
自民、参院選挙区で公募活用…青木氏の処遇は?
青木前参院議員会長、自民支援の継続要請
首相と小沢氏を追及へ 自民、公明が方針表明
選挙の影響懸念「小沢氏、説明を」 茨城県内民主関係者に動揺

JACボンバル機、大阪・伊丹へ引き返す 車輪格納できず(産経新聞)
粗大ごみを無許可処分=容疑で会社社長ら8人逮捕−運搬後に高額請求も・警視庁(時事通信)
女性引きずり死なす 大阪狭山の飲酒事故(産経新聞)
<衝突事故>バイクの高校生ら死傷 東京・江戸川(毎日新聞)
将棋 久保、桂得 羽生反撃 王将戦第1局(毎日新聞)
posted by マシモ シロウ at 12:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月15日

<高校生デザイン賞>「銀の卵」賞など決まる(毎日新聞)

 デザインを学ぶ高校生が創造力や感性を競う「第24回毎日・DAS高校生デザイン賞」コンクール(DAS=総合デザイナー協会、毎日新聞社主催、サントリー協賛、大阪成蹊大芸術学部協力)の審査会が14日、大阪市で開かれ、最優秀賞の「銀の卵」賞に広島県立府中東高3年、野村亮太さん、松浦愛莉さん、平田敏貴さん、前田彩伽さん、四茂野麻衣さんによる「GO・5・五輪ジャー」が選ばれた。応募総数は238点。部門賞5点、佳作5点、学校賞1校も決まった。部門賞、学校賞は次の通り。(敬称略)

 <クラフト> 香川県立高松工芸高3年、武智巧起

 <グラフィック・パッケージ> 大阪市立工芸高3年、松井千明

 <服飾>大阪市立工芸高3年、早川葵

 <インテリア>広島県立府中東高3年、平田湧紀、北園忍、掛香織、斎藤ちひろ、藤井秀光、本谷航士、平井花奈子、小林千尋、西垣内美紀、佐々田紗織

 <インダストリアル>大阪市立工芸高3年、田中優佑

 <商環境><建築><写真・映像><テキスタイル>いずれも該当なし

 <学校賞>神戸市立六甲アイランド高

<防災>若者から思い募集…兵庫のNPO 震災15年迎え(毎日新聞)
【揺らぐ沖縄】名護市長選告示まで1週間 容認でも反対でも普天間に「壁」(産経新聞)
<普天間移設>社民政審会長が沖縄訪問 米総領事と協議(毎日新聞)
メッセンジャー黒田さん起訴猶予=店長暴行、示談成立し釈放−大阪地検(時事通信)
震災、後世に語り継げ 神戸・「人と防災未来センター」一新(産経新聞)
posted by マシモ シロウ at 12:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月13日

大阪・和泉市 市道整備事業で違法支出 入札、議決なく新グラウンド(産経新聞)

 大阪府和泉市が発注した市道整備事業をめぐり、不適正な支出があったとして、市議会が一般会計決算を認めない事態となっている。当初契約になかった代替グラウンドの整備が、入札を行わず、市議会の承認も経ないまま追加発注されたことなどが判明し、市は井坂善行前市長時代に違法行為があったと認定。損害額が確定すれば前市長や関係職員に賠償請求を行う構えをみせている。

 問題の事業は、市道上伯太線でグラウンドや貯水池をまたぐ高架を建設し、前後の道路と接続する工事。市は平成20年10月までに計約10億円の予算を計上、大阪市内の建設業者2社に工事を発注した。契約には、道路建設に伴って使えなくなるグラウンドを隣接地に移設する工事も含まれ、費用として約4900万円が盛り込まれた。

 ところが、この移設工事とは別に「地元野球チームへの補償」として、当初の契約になかった代替グラウンドを現場から約7キロ南で新たに整備するよう市側が業者に指示したことが判明。市議会の承認がないまま新グラウンドが造成されることになった。

 また、元のグラウンドの移設作業でも工事内容の変更が繰り返され、最終的にグラウンド関連の費用は、当初予定の約4倍となる約1億8千万円に膨らんだ。

 和泉市は21年6月の選挙で市長が交代。この事業についての補正予算案を検討する過程で一連の不適正支出が発覚し、同年10〜11月に内部調査を行った。

 この結果、別工事である代替グラウンド整備で入札を行っておらず、工事費の増額に伴い市議会の承認を経ていないなど6項目の法令違反があったと認定。事業の担当者だった前都市デザイン部長ら数人を「市に損害を与えた恐れがある」と指摘した。

 事態を重くみた市議会は21年11月、工事費の一部が計上された20年度一般会計決算について認定しないことを決定。市も井坂前市長や関係した職員数人への賠償請求を検討し、損害額の確定を進めている。

 前市長らへの損害賠償請求を求めて住民監査請求を行ったグループの代表者は「特定の野球チームのために代替グラウンドを整備する必然性はなく、裁量の範囲を超えた違法な支出だった」としている。

 一方、前部長らは「野球チームに対する補償が必要だと判断した。工事では変更点が多く、本来その都度議会に諮るべきだったが、最終的にまとめて報告するつもりだった」と説明している。

r1j2h7erのブログ
グリースモンキー
クレジットカードのショッピング枠を現金化 
クレジットカード現金化
クレジットカード現金化
posted by マシモ シロウ at 10:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。