2010年01月08日

藤井財務相の辞任、首相は医師の判断次第で容認 続投希望も(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は6日朝、健康問題を理由に辞任の意向を固めた藤井裕久財務相の進退問題について「予算案という子供を産んでいただいたので、それを育てていただきたいという思いは当然強くある。一生懸命やってもらっているし、心から評価している」と述べ、続投を希望する意向を示した。

 首相は「どういう子供を産んできたかという経緯を知っておられるのは藤井さんだ」と続け、平成21年度第2次補正予算案や22年度予算案の編成過程を熟知している藤井氏が18日召集予定の通常国会での答弁に適任だとの認識を示した。

 ただ、一方で藤井氏の健康に関しては「体調の話だから、それなりに考えなければいけない。早く(診断結果を)出していただきたい」と述べ、医師の判断次第では辞任を受けいれる考えを示した。

【関連記事】
藤井氏辞任で政権に痛手 背景に小沢氏との確執、「政治とカネ」も?
藤井財務相、辞任へ 後任に菅直人副総理らが浮上
藤井氏の辞任契機に脱・財務省? 予算審議でも後ろ盾失う
鳩山首相、財務相進退で「これからも頑張って」
入院中の藤井財務相、予算編成「しんどかった…」

スーパーマン
v14403h2のブログ
ショッピング枠現金化
携帯ホームページ
カードでお金
posted by マシモ シロウ at 22:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<日米外相>12日にハワイで会談 同盟深化を協議(毎日新聞)

 【ワシントン古本陽荘】米国務省は7日、日米外相会談が12日、ハワイで行われると発表した。また、キャンベル国務次官補(東アジア・太平洋担当)は7日のワシントンでの記者会見で、日米外相会談が日米同盟深化の協議の幕開けになるとの考えを示した。米軍普天間飛行場(沖縄県)の移設問題については「現行案が最善」と述べ、日米合意計画の履行を求める姿勢に変わりがないことを強調した。

 キャンベル氏は、岡田克也外相とクリントン米国務長官との会談の目的を「普天間問題の前進」と「同盟の重要性の確認」と説明。そのうえで、「日米同盟の重要性を明確にする1年のキックオフになる」と語った。

 また、北朝鮮とイランの核兵器開発問題やミャンマーをめぐる情勢などを含めた幅広い分野での連携が議題になるとの見通しを示した。

【関連ニュース】
日米外相会談:11日ハワイで 両政府が調整
日米外相:週明け会談で調整 普天間移設先送りの経緯説明
岡田外相:アフガンの治安維持で協力 トルコ外相と確認
岡田外相:普天間移設先は辺野古も選択肢
日露外相会談:領土問題、認識の差埋まらず

マルチ競馬
けんじのブログ
クレジットカードのショッピング枠を現金化 
クレジットカード現金化
債務整理・自己破産
posted by マシモ シロウ at 22:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。