2010年01月29日

輸入新型ワクチン、初回出荷は山梨のみ(医療介護CBニュース)

 厚生労働省は1月22日の記者会見で、輸入新型インフルエンザワクチンの初回出荷分の供給を希望した都道府県が山梨県のみだったことを明らかにした。グラクソ・スミスクライン(GSK)社製の200回分で、出荷可能な474万回分を大幅に下回った。

 初回出荷では、ノバルティスファーマが2月3日に234万回分を、GSKが5日に240万回分を出荷することが可能で、厚労省では各都道府県に対し、管内の医療機関の希望量を1月20日までに調査するよう求めていた。全都道府県から回答を得たが、他の46都道府県は希望しなかったという。
 山梨県の担当者によると、4医療機関が輸入ワクチンの供給を希望した。

 輸入ワクチンについては、長妻昭厚労相が19日の記者会見で、「現時点では余る公算が大きい」と述べ、メーカーとの解約交渉の可否を検討していることを明らかにした。
 輸入ワクチンの年度内の供給量は、ノバルティス社が2500万回分、GSK社が7400万回分の計9900万回分。


【関連記事】
新型ワクチン余る公算、解約交渉も検討−長妻厚労相
新型インフルの輸入ワクチンが特例承認
輸入新型インフルワクチンの承認を条件付きで了承―医薬品第二部会
欧州2社と新型ワクチンの輸入契約を締結―厚労省
新型ワクチン、成人量換算で「1億5300万回分」に―政府

三笠宮彬子さま、英国で博士号取得(読売新聞)
日教組の教研集会始まる 58年ぶり文科省から「来賓」(産経新聞)
100年間進化のない「カレーうどん」を変えろ プロジェクト発足(産経新聞)
衆院選訴訟で違憲判決=1人別枠方式「格差助長」−無効請求は退ける・広島高裁(時事通信)
<小沢幹事長>地検の事情聴取終わる(毎日新聞)
posted by マシモ シロウ at 16:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。